おすすめ『フレナーラ』

 

ケアアイテム選びのポイント


市販品から通販商品まで、多くの商品があるので迷ってしまいますね!
わが家は使用するのが子供なので、効果だけではなく成分や安全性を調べながら様々な商品を試してきました。
多くの商品を試す中で、優先すべき要点が見えてきました。

ポイント①

症状レベルで選ぶべし!

【制汗剤の代表的な成分と効果】
・塩化アルミニウム(制汗、消臭、収れん※血管や組織を引き締める効果)
・パラフェノールスルホン酸亜鉛(殺菌、収れん)
・クロルヒドロキシアルミニウム(制汗、収れん)
・ミョウバン(殺菌)
・塩化ベンザルコニウム(抗菌、殺菌)
・銀含有ゼオライト(吸着、消臭)
など・・・

どの商品にもいずれかの成分が含まれています。
このように成分名では自分の肌との相性が分からないので症状別に区分けをしてみました。

キャッチコピーだけでは分からないこともあるので、購入する前に必ず成分表を見ましょう!

 

ポイント②

ベストタイミングで効果を最大限に引き出すべし!!


ケア商品は「クリーム」「スプレー」「パウダー」「ジェル」など様々なタイプが展開されています。
例えば同じクリームタイプといっても、商品によって付け心地が違います。
長く使うものですし、しっかり好みのものを選びたいところです。


色々なタイプを試した結果、普段の生活スタイルによっても効果を最大限に引き出せる使い方があると感じました。逆に言えば、どんなに良い商品でも使い方を間違えると満足できる結果は得られません。

使い方がとても需要です!!

例えば子供のように日中は何かと手を使う、大人の方でも昼間は手を使う作業をしたり、手洗いを繰り返すことが多くなります。そのようなライフスタイルの方がパウダー状やシートタイプを使用しても、水に洗い流してしまっているようなものです。

わが家の場合は、消去法で決めました。
子供はあちこち触るのでまず、パウダーは却下でした。
ローション系はさらっとしすぎて塗っても取れてしまうように感じたので、わりと吸着性のありそうなジェルタイプにしました。
ジェルは効果を長時間キープできることもあり、昼間のケアは諦めて朝晩の2回に絞ってより効果的な使い方を意識しました。

ママのイチオシ『フレナーラ』


息子の手汗を治すため、原因や治療方法などを調べる毎日…
安心して始められる方法を片っ端から試していきました。


皮膚科を受診しましたが、
根本的に治したいなら
手術しかないという説明を受けました。


子供の年齢を考えるとデメリットの方が大きすぎますし、
何より手術は不安で決断することができませんでした。

成長と共に、汗の量はひどくなるばかり…


自分の事ならともかく、
子供がコンプレックスを抱えて苦しんでいる姿を見るほど辛いことはありません。

 

情報を収集しながら様々な商品を試し、ようやくたどり着いたのが
『無添加手汗防止ジェル』でした。

様々な制汗剤がありますが海外製で刺激のある成分が含まれていたり
強力な殺菌・消臭効果に注力した商品が多く目立ちます。

息子はアトピー性の敏感肌なので、効果が期待できても刺激の強そうな商品は試せません。

ようやく出会えたこの商品は「肌に優しい・天然植物エキス」と魅力的なうえに
安心の日本製です!

食材から調味料、生活用品全般を国産で揃えているわが家にとって
日本製は譲れない絶対条件です!

そして子供に試す前に、肌荒れをしないかどうか、アトピー性敏感肌の私自身が
実際に使用し数々の商品をテストをしてから子供に使用しました。

(※商品の中にはメリットを感じられないものや適さない商品もありましたが批判的な意見となってしまうので商品名は控えさせて頂きます)

画像タイトルや代替えテキスト



予想どおり、ジェル状は子供にも扱いやすく手のひらのシワにもしっかり馴染みます。

手汗だけでなく、足汗やワキガ対策にも期待できるようです。

子供に使用する前に自分の手で試してみましたが、
付け心地はとても自然で想像していたようなつっぱり感や違和感はありません。
アルコール臭もなくほぼ無臭です。

正直これで効き目があるのか!?と不安になるほどさっぱりした自然な付け心地です。


肌に優しい植物エキスの天然成分だから効果も弱いのかな…と諦め半分で
朝晩の二回、手のひらに塗布しました。
即効性はないと分かっていたので、
 気長に付け続けましたが、肌が荒れたりかゆみが出たりすることもなく
使用開始の4~5ヶ月目頃からみるみる手汗の量が減ってきました。

 


 

おすすめアイテムの特徴

画像タイトルや代替えテキスト


手汗は手のひらのシワとシワの間に多くある汗腺「エクリン線」から発汗します。

人体に備わっている機能として、手のひらや足のうらの発汗は、ものをつかんだり
危険なことからとっさに逃げたりするときに、滑り止めの役割を果たしていたと考えられます。
そのため、ものに接する面で発汗する働きが備わっているのです。


制汗剤の多くは手汗の根本となる「エクリン線」に効果のある成分ではなく、
汗の臭いの元となる「アポクリン腺」に作用するよう作られています。

そもそもエクリン線から出る手汗は無臭ですから、
アポクリン腺に作用する商品をつけても効果は得られません。
それどころか、殺菌や消臭効果のある制汗剤は、皮膚への刺激が強いことがありますので新たなトラブルを招いてしまいます。

たくさんの商品があり、キャッチコピーだけでは分からないことが多いです。
一言で制汗剤と言っても、解決したいトラブルによって必要な成分や効果を見極めなければなりません。


 


フレナーラは、刺激を抑えながらエクリン線に向けて
汗を抑える働きを促す商品です。

「肌をいたわりながら手汗対策」無添加制汗ジェルという発想は、
子供の手汗で悩むママにとって、本当に心強い味方です!

成分だけでなく、製法にもこだわりが隠れています。
エクリン線に作用する成分をナノ化(細分化)させた独自製法で
ごく微小になった有効成分が細胞の間をすり抜けて
皮膚の奥にあるエクリン線にしっかり浸透し根本に働きかけます。

ジェル状ですが、サラっとした付け心地なのはナノ化製法だからなのかもしれません。
自然で心地よい付け心地なので「治療」といった概念ではない
スキンケア感覚の気持ちの良い制汗剤です。



分子レベルで手汗の根本に浸透

 

肌に優しい有効成分

 

 

成分へのこだわりはまだ終わりません。

効果的な成分を、より効果的な状態で浸透させるだけでなく、

さらに500種類もの植物成分の中から厳選された
7種の天然植物エキスが配合されています。


ただ手汗を止めることだけに特化するのではなく、肌をいたわることに注力している素晴らしいコンセプトは、私がフレナーラを購入するに至った最大のポイントです。

安心できるケア方法に出会えて感激です!

 

 

 

天然植物エキスを独自製法で配合した肌に優しい安心の制汗剤




◇POINT◇

制汗剤には「塩化アルミニウム」という成分が使われていることがあります。
塩化アルミニウムは汗を出す管の細胞に働きかけ汗の出口をふさぐ効果があり
内部に汗がたまって汗疱という水ぶくれができてしまう可能性があります。
また、汗の成分と反応して塩酸を生成することで、ごわついた感触が残り使用感が悪く皮膚への刺激が懸念され、
1947年に中和した塩化アルミニウムの「クロルヒドロキシアルミニウム」が開発されました。

おすすめ商品のフレナーラは
「クロルヒドロキシアルミニウム」を主成分とし
皮膚への刺激が弱いという優れた性質をもっています。

画像タイトルや代替えテキスト

Amazon・楽天の方が安い?


通販の商品のお買い物は、
アマゾンや楽天市場などのネットショッピングモールで最安値を比較する方もいらっしゃいます。
私も必ず最安値を比較してから決めます。
商品価格だけでなく、送料やポイントも判断材料になりますよね!


手汗クリームに関しても
商品によってはアマゾンや楽天で買った方が安いものもあります。

例えば「フレナーラ」の場合アマゾンは6500円、
楽天市場は8351円で販売されていました。
メーカー希望小売価格は8500円なので、比較すると両サイトともお買い得です。


しかし要注意!!!


ネットショッピングモールの最大のデメリットは返品保証がありません。
安く買えたとしても合わずに肌荒れを起こしてしまう場合も考えられます。
そんな不安を解消してくれる安心システムが公式サイトにはあるんです。


わが家の愛用品「フレナーラ」の場合180日間の全額返金保証システムがあります。
この返金保証はどの商品も公式サイトだけのシステムです。


ネットショッピングモールは基本的に返金保証はありませんので、
自分に合うのかをイチかバチか試すことになってしまいます。

決して安い買い物ではないので確実なものにお金をかけたいですよね。

もし手汗クリームを試してみたいとお考えの方には絶対的に公式サイト
からの購入をおすすめいたします。

 

とってもお得な定期購入



フレナーラの通常価格は1本8500円で、1本がだいたい1ヵ月分になります。

手汗ケア用品は基本的にどの商品も継続して使うことによって効果が現れますので

3つのコースは症状や、どのようになりたいか求める理想によって選ぶのがベストです。


我が家の息子の場合は長く続く効果を求めたので、
12カ月の一番お得なコースを選びました。


例えば結婚式のために期間限定で治したいとか、とにかく一度体感してみたいなど、希望に合わせて選ぶことができます。




安心の180日間返金保証

肌に直接つけるものですので、肌荒れを起こさないのか気がかりです。
わが家は私も息子もアトピー体質なので時に重要視していたポイントです。

天然植物の優しい成分で作られたジェルですが、
万が一肌に痒みや痛みが出た場合には返金される安心システムがあります。

180日間有効ですので、じっくり試してみて判断することができますね。


 

 

フレナーラ成分表

 

◆クロルヒドロキシアルミニウム
汗腺の出口を収縮させることで、汗の量を抑える効果があります。
塩化アルミニウムよりも安全性が高く、副作用が出にくいうえに制汗効果が優れた成分です。

◆イソプロピルメチルフェノール
低臭、低味性で広範囲の殺菌作用があります。
紫外線吸収性及び抗酸化性もあり、高い安定性が確認されています。

◆1,3-ブチレングリコール
主に保湿剤として使用されています。
殺菌効果も高い成分です。
敏感肌の人でも安心して使える肌に優しい成分です。

◆ヒドロキシエチルセルロース
天然植物繊維から作れており、人体への安全性が確認されている成分です。
主に粘性の調整に使われ、保護膜によって肌を守る作用があります。

◆ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
安全性の高い乳化剤として用いられているもので、保湿効果がある天然由来成分です。

◆I-メントール
抗菌作用、炎症作用があり、血行を促進してくれる作用があります。
安全性は高いですが、人によってごくまれにアレルギーや刺激を感じる場合があります。

◆リンゴエキス
リンゴの果実から抽出されたエキス。保湿作用や抗老化作用もあります。

◆シソエキス
シソ科の植物から抽出されたエキス。収れん作用や抗炎症作用があります。
肌を乾燥から守ります。敏感肌用の化粧品によく使われています。

◆ハマメリスエキス
ハマメリスの派や樹木から抽出されたエキスで、収れん作用や消炎作用があります。
また毛細血管を強くする効果もあります。

◆マロニエエキス
血行促進による肌への働きにより、美肌効果があります。
また収れん作用があり、肌の決めを整える作用があります。

◆ブドウ葉エキス
ポリフェノールを含んでおり、紫外線から肌を守ったり、血液の循環を高める効果があります。

◆オトギリソウエキス
古くからおなじみの薬、キズ薬として使用されていたもので、収れん作用、抗炎症作用、抗菌作用があるエキスです。

◆セイヨウキズタエキス
セイヨウキズタの葉や茎から抽出されたエキスです。
収れん作用、抗酸化作用、抗菌作用、血行促進作用などがあり、肌荒れも防ぎます。

◆アルニカエキス
アルニカの花びらから抽出されたエキスです。
抗炎症作用、刺激緩和作用、結構促進などの作用があります。

◆チャエキス
茶の木の葉から抽出されたエキスで、老化を防ぐ作用があるとして化粧品に用いられています。
その他には抗酸化作用、収れん作用、制汗作用もあります。

◆海藻エキス
昆布や海藻などのぬめりから抽出されたエキスです。保湿、保護としての役割があり、安全性が高く副作用はありません。

◆エタノール
高い抗菌、殺菌作用として含まれています。配合量によっては刺激を感じる人もいます。

◆フェノキシエタノール
エタノールよりも肌への刺激は少なくアルコールです。天然成分としても自然界にあるので安全だとされるものです。
パラベンなどとの併用によって高い防腐効果を示します。

◆メチルパラベン
古くから食品や化粧品に使われている5つの防腐剤の中では最も安全性の高いものにはなりますが、賛否両論あります。
高い防腐効果により今もなお広く用いられている防腐剤になります。

◆エチルパラベン
古くから食品や化粧品に使われている5つの防腐剤の中では2番目に安全性の高いものにはなります。
防腐剤の中でも肌への刺激が弱いことから、食品、化粧品に用いられています。

Posted by tease