おすすめ対策方法

わが家の実体験と効果絶大おすすめ対策


息子の手汗を治すため、原因や治療方法などを調べながら
安心して始められる方法を片っ端から試していきました。

とは言え子供の手に施すには、
全てを試すわけにもいかず…

皮膚科を受診しましたが、
根本的に治したいなら
手術しかないという説明を受けました。



子供の年齢を考えるとデメリットの方が大きすぎますし、
何より手術は不安で決断することができませんでした。

成長と共に、汗の量はひどくなるばかり…


自分の事ならともかく、
子供がコンプレックスを抱えて苦しんでいる姿を見るほど辛いことはありません。

そんな時にインターネットの口コミで発見したのが
『手汗防止ジェル』でした

多くの制汗剤がありますが、海外製だったり殺菌・消臭効果をアピールした商品が大半です。
息子はアトピー性皮膚炎でもあるので刺激の強そうな商品は試すことがでないので

「肌に優しい・天然植物エキス」 というキャッチコピーが魅力的!
しかも安心の国産!
食材から調味料、生活用品全般を国産で揃えているわが家にとって

国産は絶対条件!!

手汗専用ジェルで世界で初めて
モンドセレクションを受賞

またモニターの約80%以上が満足と評価し、数々の雑誌にも掲載されていたのでますます興味がわきました。

クリームやジェルは何度か試したことがありましたが効果が現れず、通販商品には期待は薄かったのですが
返品期間も長かったので神頼みの状態で購入に至りました。

画像タイトルや代替えテキスト



ジェル状と言うことで、子供でも扱いやすそうな点も気に入りました。
手汗だけでなく、足汗やワキガにも効果が期待できるそうです。

子供に使用する前に自分の手で試してみましたが、付け心地はとても自然で
想像していたようなつっぱり感や違和感はありません。
アルコール臭もなくほぼ無臭です。

正直、これで効き目があるのか!?と
不安になるほどさっぱりした自然な付け心地です。


肌に優しい植物エキスの天然成分だから効果も弱いのかな…と諦め半分で
朝晩の二回、手のひらに塗布しました。
即効性はないと分かっていたので、
 気長に付け続けましたが、肌が荒れたりかゆみが出たりすることもなく
使用開始の4~5ヶ月目頃からみるみる手汗の量が減ってきました。

画像タイトルや代替えテキスト

 


 

おすすめアイテム「フレナーラ」の特徴

画像タイトルや代替えテキスト


手汗は手のひらのシワとシワの間に多くある汗腺「エクリン線」から発汗します。

人体に備わっている機能として、手のひらや足のうらの発汗は、ものをつかんだり
危険なことからとっさに逃げたりするときに、滑り止めの役割を果たしていたと考えられます。
そのため、ものに接する面で発汗する働きが備わっているのです。


制汗剤の多くは手汗の根本となる「エクリン線」に効果のある成分ではなく、
汗の臭いの元となる「アポクリン腺」に作用するよう作られています。

そもそもエクリン線から出る手汗は無臭ですから、
アポクリン腺に作用する商品をつけても効果は得られません。
それどころか、殺菌や消臭効果のある制汗剤は、皮膚への刺激が強いことがありますので新たなトラブルを招いてしまいます。

たくさんの商品があり、キャッチコピーだけでは分からないことが多いです。
一言で制汗剤と言っても、解決したいトラブルによって必要な成分や効果を見極めなければなりません。


 


フレナーラは、刺激を抑えながらエクリン線に向けて
汗を抑える働きを促す商品です。

「肌をいたわりながら手汗を止める」無添加制汗ジェルという発想は、
子供の手汗で悩むママにとって、本当に心強い味方です!

成分だけでなく、製法にもこだわりが隠れています。
エクリン線に作用する成分をナノ化(細分化)させた独自製法で
ごく微小になった有効成分が細胞の間をすり抜けて
皮膚の奥にあるエクリン線にしっかり浸透し根本に働きかけます。

ジェル状ですが、サラっとした付け心地なのはナノ化製法だからなのかもしれません。
自然で心地よい付け心地なので「治療」といった概念ではない
スキンケア感覚の気持ちの良い制汗剤です。


分子レベルで手汗の根本に浸透
 

肌に優しい有効成分

 

成分へのこだわりはまだ終わりません。

効果的な成分を、より効果的な状態で浸透させるだけでなく、
さらに500種類もの植物成分の中から厳選された
7種の天然植物エキスが配合されています。

ただただ制汗だけに特化するのではなく、肌をいたわることに注力している
素晴らしいコンセプトは、私がフレナーラを購入するに至った最大のポイントです。

 

 

天然植物エキスを独自製法で配合した肌に優しい安心の制汗剤




フレナーラ成分表

 

 

◆クロルヒドロキシアルミニウム
汗腺の出口を収縮させることで、汗の量を抑える効果があります。
塩化アルミニウムよりも安全性が高く、副作用が出にくいうえに制汗効果が優れた成分です。

◆イソプロピルメチルフェノール
低臭、低味性で広範囲の殺菌作用があります。
紫外線吸収性及び抗酸化性もあり、高い安定性が確認されています。

◆1,3-ブチレングリコール
主に保湿剤として使用されています。
殺菌効果も高い成分です。
敏感肌の人でも安心して使える肌に優しい成分です。

◆ヒドロキシエチルセルロース
天然植物繊維から作れており、人体への安全性が確認されている成分です。
主に粘性の調整に使われ、保護膜によって肌を守る作用があります。

◆ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
安全性の高い乳化剤として用いられているもので、保湿効果がある天然由来成分です。

◆I-メントール
抗菌作用、炎症作用があり、血行を促進してくれる作用があります。
安全性は高いですが、人によってごくまれにアレルギーや刺激を感じる場合があります。

◆リンゴエキス
リンゴの果実から抽出されたエキス。保湿作用や抗老化作用もあります。

◆シソエキス
シソ科の植物から抽出されたエキス。収れん作用や抗炎症作用があります。
肌を乾燥から守ります。敏感肌用の化粧品によく使われています。

◆ハマメリスエキス
ハマメリスの派や樹木から抽出されたエキスで、収れん作用や消炎作用があります。
また毛細血管を強くする効果もあります。

◆マロニエエキス
血行促進による肌への働きにより、美肌効果があります。
また収れん作用があり、肌の決めを整える作用があります。

◆ブドウ葉エキス
ポリフェノールを含んでおり、紫外線から肌を守ったり、血液の循環を高める効果があります。

◆オトギリソウエキス
古くからおなじみの薬、キズ薬として使用されていたもので、収れん作用、抗炎症作用、抗菌作用があるエキスです。

◆セイヨウキズタエキス
セイヨウキズタの葉や茎から抽出されたエキスです。
収れん作用、抗酸化作用、抗菌作用、血行促進作用などがあり、肌荒れも防ぎます。

◆アルニカエキス
アルニカの花びらから抽出されたエキスです。
抗炎症作用、刺激緩和作用、結構促進などの作用があります。

◆チャエキス
茶の木の葉から抽出されたエキスで、老化を防ぐ作用があるとして化粧品に用いられています。
その他には抗酸化作用、収れん作用、制汗作用もあります。

◆海藻エキス
昆布や海藻などのぬめりから抽出されたエキスです。保湿、保護としての役割があり、安全性が高く副作用はありません。

◆エタノール
高い抗菌、殺菌作用として含まれています。配合量によっては刺激を感じる人もいます。

◆フェノキシエタノール
エタノールよりも肌への刺激は少なくアルコールです。天然成分としても自然界にあるので安全だとされるものです。
パラベンなどとの併用によって高い防腐効果を示します。

◆メチルパラベン
古くから食品や化粧品に使われている5つの防腐剤の中では最も安全性の高いものにはなりますが、賛否両論あります。
高い防腐効果により今もなお広く用いられている防腐剤になります。

◆エチルパラベン
古くから食品や化粧品に使われている5つの防腐剤の中では2番目に安全性の高いものにはなります。
防腐剤の中でも肌への刺激が弱いことから、食品、化粧品に用いられています。

画像タイトルや代替えテキスト

画像タイトルや代替えテキスト

Posted by tease