手汗の原因

手汗の原因

なぜ手汗が出るの?手汗のメカニズム

 


結論から言うと、明確な原因はいまだに解明されていません。
日本人の200人に1人が発症している手汗は
医学的に「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼ばれています。

多汗症のほとんどの人が4~5歳くらいに発症すると言われています。

多汗症には全身に汗が出る全身性多汗症と、体の一部に出る局所多汗症があり、
局所多汗症の方が圧倒的に多く全体の約90%と言われています。

全身性多汗症は一部、遺伝の影響が示唆されています。
多汗症にも原因のわからない原発性と他の病気に合併して発症する続発性があります。

◇原因となる主な病気◇

◆全身性◆
薬剤性・薬物乱用・循環器疾患・呼吸不全・感染症・悪性腫瘍・内分泌代謝疾患・神経学的疾患

◆局所性◆
脳梗塞・末梢神経障害・Frey症候群・エクリン母斑・不安障害・片側性局所性多汗症

 

発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすいのではないかともいわれていますが、
まだはっきりしたことはわかっていません。

海外のデータでは多汗症の人の60~65%に身内に同じような症状の人がいて遺伝が疑われるとの報告があります。

普通、汗は暑い時に出てくるものですが多汗症は気温に関係なく症状が出ます。
人によっては夏にひどくなったりと様々、そしていくつかの要因が考えられます。

 

POINT

・ストレス性
・緊張などの精神的負担
・遺伝性
・ホルモンバランスの乱れ
・加齢
・カフェイン、ニコチンによる中枢神経の刺激

 


 

副交感神経が関係する?


明確な原因が分からないと言われている「手汗」ですが
自律神経のひとつで緊張した状態に働く「交感神経」が過剰になることが要因ではと言われています。


◆交感神経 
緊張している時に働く神経、各器官の働きを促すもの

◆副交感神経  
リラックスしている状態に各器官の働きを抑制する

 


普通は、リラックスしている時や睡眠中は、副交感神経が優位になります。
でも多汗症の人は、体の状態や季節を問わず、
交感神経の反応が強く過敏になっています。

汗は、脳からの指令が脊髄→交感神経を通して汗腺に
伝達される仕組みになっていて、
交感神経が発汗を促し、副交感神経が抑える働きをします。

多汗症は交感神経の緊張状態が過敏になって現れる症状なので、
交感神経の働きを抑えれば汗を止めることができると考える専門家も
いらっしゃいますが、自律神経のバランスが崩れたことが原因なので、
単純にリラックスしただけでは抑えることが難しいという見解もありました。

多汗症の子供の手足は絶えず湿っていて指先が冷えてしまいます。
冬場などは紫色を帯びていることもあります。
湿った手はあせもができて荒れてしまったり、カビや細菌の感染を起こしやすくなります。

 


 

手汗の症状、あなたは何レベル?

多汗症の症状は、汗の出る量によって3段階に分けられています。
数値が大きくなるほど症状が重いことを表しています。
ご自分の症状レベルを知ることにより治療方法を考える目安になります。

症状レベル◇レベル1◇
手が湿っているものの、触らないと汗ばみが分からない程度

◇レベル2◇
手に水滴ができ、はっきりと汗をかいていることが見てわかる

◇レベル3◇
手に水滴ができ、したたり落ちる

 

発汗の種類

 

温熱性発汗

気温の上昇や運動をした時は体温が上昇して脳の体温調節中枢が指令を出し、全身の汗腺からじわじわと汗が出てきます。
発汗が体温調節を担っているので、汗が蒸発する前にタオルでふき取ってしまうと、体温を下げようと余計に汗が出てきます。

精神性発汗

緊張や興奮などの強いストレスをきっかけに、脳の前頭葉や辺縁系と呼ばれる部分が刺激され 瞬時に発汗します。
・首筋や額などの顔まわり → 代謝が上がった脳を冷却するため
・わきの下 → わきの太い血管を通る血液を冷やし前身の体温を下げるため
・手のひら → 体温コントロール効果はない

味覚性発汗

辛い物を食べた時に頭皮や顔まわりに汗がにじみ出ます。
脳が、温度が上昇したと勘違いをし、反応してしまうことが要因と言う説もあるようです。

画像タイトルや代替えテキスト

Posted by tease